ちのっぷすの海外ドラマ雑記帳

ちのっぷすが観てきた海外ドラマについて想うことあれこれ

ガレージミステリーその②

ロリ・ロリックリンのミステリードラマ続編

「以前見た時はあまり面白くなくて途中で止めたのに、今回ハマって・・・」と前回書いていましたね。

以前とはもう2年以上前になると思います。

たぶんその時は、プライムビデオではなく、u-nextで以下の作品を見たのだと。

ストーリー云々ではなくキャラクターが好みではなかったので、見止めたと思うのですが、なんと、その後のキャストが全然違っていたのです。

当初、友人かつ従業員だとばかり思っていたダニ(サラ・ストレンジ)はアンティークショップの共同経営者だったよう。

で、この彼女以外の主要メンバーがすべて交代しているのです。

相棒となる刑事も、夫も、娘も、息子も!

どういうこっちゃ?まるで、共演者が次々逃げたみたい。

よほどこの主役ロリ・ロックリンになにか性格上の問題があるのでしょうか?

私が、なんとなくこの主演女優を好きになれなかったのは、その辺微妙に嗅ぎ取っていたのかも?(なぁんて、ね)

実際、役柄のような正義感の強い女性ではないようです。

娘二人の大学裏口入学、までは「洋の東西問わずお金持ちならやってそうじゃん」って、まだわからないこともないですが(もちろん、許されることではないですよ。)、その後、資金洗浄と銀行詐欺というドラマさながらの罪で、こちらは保釈金ではすまず、服役までしたそう。

逸れましたが、キャストの変更について、でしたね。

まず、夫以上に深く関わる(変な意味ではなく)刑事役が、若手から中年にがらっと変わっていて、これはストーリーそのものに影響あるのでは?と心配したほど。

若手の刑事アダム(アンドリュー・ダンバー)はなかなかカッコよく、娘ハンナ(サラ・カニング)といい感じ💛になってたはずなんですが・・・

その後、旧知の仲みたいな中年刑事リンウッド(ケヴィン・オグラディ)にバトンタッチし、これはこれでいい味、体型同様どっしりした安定感、安心感があって、ジェニファーといいコンビ。

夫役は1話目のリック・ラヴァネロの方が人気が高いようですが、私はどちらも好みのタイプで、甲乙つけがたかったです。2話目以降はスティーヴ・ベーシック

娘役はサラ・カニングからエヴァ・ボーンに代わっていますが、代役が決まらなかったのか、次の1話は不在のまま話は進みます(娘がいる設定は変わらず)。それと同時に若手刑事も降板。

息子ローガン役はどちらも頭がいいことには違いないのですが、キャラクターが全然違っていて、やんちゃっぽいブレンダン・マイヤーから、優等生タイプのコナー・スタンホープに交代。

それからジェニファーとサラのアンティークショップも店構えが変わっていました。

にしても、ハンナもローガンもお年頃とはいえ、ボーイ(ガール)フレンドが毎回変わっているのは、一貫性がないなぁ。

婚活に励んでいたダニは、最後はひょんなことから再会した高校の同級生とメデタシ・メデタシ💛で終わるのでしょうか?

ともあれ、2020年、禁固刑となったロリ・ロックリンは服役前にこのドラマ制作会社から解雇されたそうですから、続編は見られそうにありません。

 

ガレージセールミステリー アンティーク探偵ジェニファー

ひと月ぶり

海外ドラマは毎晩のように見ていましたが、ブログアップからは遠ざかっていました。

今回は、以前ちらっと見た時は、ストーリー、キャラクターともにあまり興味が持てず、見るのを止めていたのですが・・・今回久し振りに見てみたところ、ハマってしまいました。

主役ジェニファー役ロリ・ロックリンは全く知らなかった女優で、好みの顔立ちでもないけれど、回を重ねるごとに魅力的に感じられ、なぜだか、だんだん篠ひろ子に見えてきました。

その夫役がまた魅力的な中年男性(スティーブ・ベーシック)で、こちらは船越英一郎古谷一行を足して2でわったような感じ。(どちらかというと古谷一行寄り)

娘、息子役ともそれぞれに魅力的で、二人とも超優秀なのですが、とくに息子はパソコンが得意なうえ、母の頼み事はなんでもきく優しい高校生で「こんな息子欲しい!」と思ったほど。

シーズン1最終話まで2,3日で一気見した後、単発のドラマを立て続けに見ましたが、まぁ、毎回面白いとはいえ、一番の突っ込みどころは、なんといっても主人公の殺人遭遇率高すぎ!なことでしょう。

それがなきゃお話が始まりませんから、仕方ない設定とはいえ、遺体の第一発見者になったことも何回かあり、う~~~ん、こんな確率、天文学的数字よね~~と。

ほかにも

友人の刑事と情報共有するのも、守秘義務どうなってるの?と突っ込みたくなりますし、遺体安置所の解剖医とも懇意で、彼の好物キャラメルマキアート1杯で、簡単に情報を手に入れるのも「ありえない」。

殺されかける場面にも何度も遭遇するのに、夫は心配はするけれど、妻の《探偵擬き》を止めようとまではしない。いくら優しくて思いやりのある夫で、妻の意思を尊重しているとはいっても、命がかかっているとなれば話は別。「もういい加減首突っ込むな!ケーサツに任せておけ!」って怒鳴りそうなもの。

など上げればキリがないけれど・・・

でも、まぁ、そんな「ありえな~~い」設定にさえ目を瞑れば、楽しく「安心して」見ていられるホームドラマでした。

アンティークがカギとなる事件が多いのも、設定上当然と言えば当然なので、それもまた目を楽しませてもらえましたしね。

実は単発のドラマ、まだ下記の2作見終わっていないので、今日中に見る予定です。

制作順に見ればよかったと少し後悔。先に4の方を見てしまいました。

 

ワイルド・スピード/ファイアーブースト

アラン・リッチソンが!

前回、マッチョな男性が出てきたり、アクションが過激なものは好みではないと書いたのに、なぜ今回もマッチョ×ド派手なカーアクションものを観たのか?

プライム・ビデオのおススメに上がってきたから、というのが一番の理由だけれど、ではなぜおススメに上がってきたのかと言うと・・・

たぶん「リーチャー」の視聴者だったら興味があるだろう、とのヨミでしょう。

ですが、視聴した理由はそれだけではなく、

実はワイルド・スピードシリーズは、一時u-nextでハマって見ていたことがあるからなのです。(これはアマゾンが知る由もないですよね)

ヴァン・ディーゼルではなく、ポール・ウォーカーミッチェル・ロドリゲスに惹かれてシリーズは殆ど観たと思います。(残念ながらポール・ウォーカーは若くして亡くなってしまいましたが)

で、今回の話に戻ります。

映画なので完結かと思いきや、『解決』していないので、続編があるのでしょう。

なんだか、消化不良のまま終わりましたが、ドミニク(ヴァン・ディーゼル)とレティ(ミッチェル・ロドリゲス)と間の一人息子が可愛いこと、可愛いこと!

さらに、アラン・リッチソンが、リーチャーとは真逆の悪役で登場。

この悪役ぶりも、当初は、途中で味方になったかに見えて、実はワナでという手の込みよう。(ネタバレ、ごめんなさい)

「リーチャー」を見ていただけに、《味方》になった際は、「やっぱりね、本当はいいヤツだったんだ。よかった~~」とこちらまでコロっと騙されてしまいました

 

それにしても、シリーズ1から20年以上もたっているとは思えない程、出演者たちは若く(精々10年位としか思えない)スピード感溢れるアクションシーン満載でした。(カーアクションはCGも多用されてるようでしたが)

特に、母となってもなおレティのアクションシーンはキレキレで、惚れ惚れとなるほど。

これまで好みではなかったドミニクにも渋さと大人の男の色香を感じました。

早く続編が観たい・・・

リーチャー正義のアウトロー

クリスティン・クリックが!

u-nextを退会して以来、海外ドラマや映画はもっぱらアマゾン・プライムビデオ。

その中でもアマゾン・オリジナル作品であるリーチャー~正義のアウトロー~を観る気になったのは・・・ドラマ紹介の画像の一枚に、クリスティン・クリックのアップが映っていたから。

クリスティン・クリックヤングスーパーマンラナ役で、虜になった女優です。

マッチョな男性は、あまり好みでないし、ましてバイオレンスアクションが多そうなドラマは、普通なら敬遠するところですが、彼女が出演するのなら、内容はどうあれ、これはもう見ちゃいますとも!

マーグレイヴへようこそ

マーグレイヴへようこそ

  • ウィリー・C・カーペンター
Amazon

お目当てのクリスティン・クリックは、主役級ではなかったけれど、事件のカギを握る元銀行員の妻役で、結構出番も多く、存分に目を楽しませてもらいました。

あ、内容もね、思っていた以上に面白かったです。

ストーリー上やむをえないとしても、目を背けたくなる残忍なシーンはありましたが。

リーチャーと♡な関係になるロスコーが、回を追うごと魅力を増していき、彼女を見るのも楽しみになっていきました。

シーズン2は、明日15日の午前9時より配信開始だそうです。

リーチャー以外のレギュラー陣は変わっているようですし、もちろんクリスティン・クリックも出演しないでしょうが、リーチャーの過去が気になるので、たぶん明日からまたハマって観ることになると思います。

 

世界で一番美しい少年

世界で一番美しい少年

このタイトルとポートレートを見てしまったからには・・・

視聴せずにはいられませんでした。はい。

世界で一番美しい少年(字幕版)

世界で一番美しい少年(字幕版)

  • ビョルン・アンドレセン
Amazon

本当に綺麗。ゾッとするほど美しい。

愁いを帯びた眼差し・・・。

こんな目で見つめ返されたら、女であろうと男であろうと虜になってしまいますよね。

ビョルン・アンドレセンーー巨匠ルキノ・ビスコンティに見いだされ、「ベニスに死す」で一躍世界的なスターとなり、一世を風靡した・・・のですよね。

半世紀以上も前で、私はまだほんの子どもでしたが、映画のポスターはなんとなく記憶にあります。

人形のように美しい少年の顔のアップがとても印象深かった。

アマゾンで探してみたらありましたが、私の記憶しているものとは違っているようです。真正面を向いている顔だったように思うのです。

ベニスに死す (字幕版)

ベニスに死す (字幕版)

  • ダーク・ボガード
Amazon

これだと、そんなに心動かされないですもん。

やっぱり別のポスターを見たのだと思います。(どなたかご存知ないですか?)

当時、コマーシャルでも見かけましたね。カタコトの日本語のセリフもあったようです。

ビスコンティ監督はゲイを公言しており、この映画の撮影クルーら、関係者のほとんども同じだったそうで、ビョルンをまともに見ることが許されなかったというのは本当ででしょうか?

監督自身は彼をどう思っていたのでしょう?そして当のビョルンは?

ジャニーズ事務所(ではなくなりましたね、スマイル・グッドでしたっけ?)の性加害問題のようなことが、あったのかもしれないし、なかったのかもしれない。

でも多感な年ごろの少年が一夜にして有名になるような現象に遭遇したのですから、性加害云々を別にしても、尋常でいられないのは想像に難くないですよね。

その後の彼はどうしていたのでしょう?

というわけで、この作品は、その後のビョルン、というより老年期に差し掛かった彼の様子を、ドキュメンタリータッチで描いています。

ちょっと小汚い仙人のようにも見えますし、受難のイエス・キリストのようにも見えます。

年をとっても美しい顔立ちの面影はありますが、半世紀という時の流れの残酷さをまざまざと見せつけられたよう・・・

この映画の後、ビョルン・アンドレセンで検索したら、U-next配信の映画がヒットしたので、視聴しましたが、惨い死に方をする老人役での出演でした。

U-nextは解約したので、私はもう視聴できませんが、アマゾンでも取り扱っていました。

不気味な、あまり後味の良くない映画だとだけ、お伝えしておきます。

ミッドサマー(吹替版)

ミッドサマー(吹替版)

  • フローレンス・ピュー
Amazon

下書きに入れたまま、2ヶ月近く放っておいたので、記憶は心許なく、感慨も薄れていますが、とりあえずこのままアップします。

赤と白とロイヤルブルー

タイトルの意味は・・・?

いつものU-NEXTではなく、アマゾンプライムビデオからアマゾンオリジナルの作品を見てみました。

赤と白とロイヤルブルー

赤と白とロイヤルブルー

  • ニコラス・ガリツィン
Amazon

普段なら1、4倍速にするところ、今回は通常速度で視聴。

というのも、プライムビデオの中でもアマゾンオリジナル作品(だけではないかもしれませんが)は音声字幕が選べるだけでなく、Audio Descriptionにすることもできるため、使ってみたのです。

Audio Descriptionとは日本語で言えば「副音声解説」にあたるのでしょうか。

本来は視覚障害のある方向けの実況解説だと思うのですが、台本のト書きのような感じで、状況がよりわかりやすいのです。

Native Speaker にはちょっと煩わしい音声でしょうが、英語学習者にとってはよいリスニング教材になると思いました。

字幕の方は、初めは英語にしていたのですが、やはりよくわからず日本語に。

ですが、Audio descriptionはそのまま英語で、セリフよりははるかに聞き取りやすく(もとより状況説明なのですから、見ればわかるからでしょうが)ちょっと嬉しくなりました。

楽しみながら英語のリスニングができるなんて、それもタダ同然で・・・。

ーーと肝心の内容について語らないと、ですね。

視聴者の90%以上が高評価だったそうですが、うん、確かに面白かったです。

まず、設定が奇想天外。アメリカ大統領の息子アレックス(テイラー・ザハール・ペレス)とイギリス王室の王子ヘンリー(ニコラス・ガリツィン)が恋に落ちるというものですから、キャラクターからして、まぁ、ちょっとありえない、ぶっとんだ設定ですよね。

主人公二人のほかにも魅力的なキャラクターがぞろぞろ・・・。

特にアメリカ初の女性大統領役のユマ・サーマン(初めて知りましたが、イーサン・ホークと一時期婚姻関係にあったのですね。身長180㎝にもびっくり!)

バイセクシュアルであることを告白したアレックスに対し、大統領再選のかかった選挙活動真っ最中であるにもかかわらず、拍子抜けするほどあっけらかんと受け入れる母。

さすが一国の大統領、そんなことくらいで驚いちゃいられないんでしょう、あっぱれ!

「LGBTのBにもちゃんと声はあるわ」

「親になったら初めてだらけよ」

「アレックス・C・Dの親なら驚き慣れてるわ」

地味に、大統領の夫でアレックスの父親役のクリフトン・コリンズ・Jrも存在感があっていい味。

ほかにも副大統領の孫役レイチェル・ヒルソンやヘンリー王子の妹役エリー・バンバーはアレックスとヘンリーのよき理解者。二人ともキュート♡

最初から最後まで、ここぞというとき大活躍をしてくれたのが、ザハラ役のサラ・シャヒ。一番好きなキャラクターでした。(このテの女性に弱いのです)

アメリカの政治や選挙制度には(どころか日本のにも)全く疎い私ですが、アレックスの演説には心打つものがあり、本当にこういう人が政治を司どるなら、世界はよくなるだろうになぁ~~。

シリアスでナイーブなテーマを扱っていながら、コメディ仕立てなので、涙あり、笑いありで一気に見終えることができました。

ただ・・・老婆心ながら、ヘンリーはゲイで、アレックスはバイセクシュアル。

アレックスが今後もし、女性と浮気したら・・・?

キリング・イヴ最終章

サイコパスの終焉?

ん~~?むむむ~?

としか・・・言いようのない最終章・・・でした、チャンチャン。

アマゾンにはシーズン1と2しか取り扱いがないようでしたので、2を貼り付けさせてもらいましたが、このあとシーズン3と4があり、4は最終章になります。

が、1~3までを視聴したのが、かなり前だったこともあり、話の筋や人間関係、組織云々、粗方忘れており、4の回を追うごと少しずつ思い出しはしたものの・・・

話があちこちに飛んでいるような印象で、最終章と銘打ってあるのに、とても8話で収束しそうにない!

どうなるんだろう?と、1日4話ずつ2日で一気見しましたが・・・結局・・・

イヴが追う《トゥエルブ》の黒幕は誰?

キャロラインの息子ケニーを殺したのは誰?

最後の最後に、美しき暗殺者ヴィネラルを殺したのは誰?

それを命じたらしいキャロラインは一体・・・何者・・・?

主役のひとりが「死んだ」(ネタバレですみませんっ!!)という以外、最終章らしさはまったくなく、消化不良もいいところで、全然スッキリしません。

キャロラインフィオナ・ショー)を主役にした続編でもあるのでしょうか?

それはともかく、イヴ役のサンドラ・オー、カナダ国籍ですが、両親ともに韓国人だそう。決して美人女優とはいえないので、演技派、個性派なのでしょう。

ヴィネラル役のジョディ・カマー、好みの顔立ちの女優ではありませんが、サイコパス的美貌とでもいうのか、そういう感じ(どういう感じや?)がよくでていましたね。

どんな奇抜な格好をしていても似合っていて、キュート。

先天的にサイコパス的素養があったうえ、後天的にそれが助長されたらしいエピソードが挟まれており、冷酷無比な暗殺者なのに、なぜか憎めない。

憎めないどころか、イヴのように特別な絆を感じてしまいそうになるほど。

ヴィネラルの最期は、幻想的でとても美しいシーンでした。

消化不良ではあったけれど、このシーンだけで「もうゆるしちゃお!」てな気分です。

とはいえ、う~ん、夫だけでなく、ヴィネラルまで喪ったイヴは、この後どうなるのでしょう?

やっぱりスッキリしませんね~。